ボーイでも接客をすることがある!?朝キャバ昼キャバの客層とは?

夜キャバと意外と違う!朝キャバ昼キャバの客層とは?

ボーイの仕事は普通の接客業とは少し業務内容が異なりますが、それでもお客さんと直接接する仕事であることに変わりはありません。
客層も、夜の場合は仕事終わりのサラリーマンが多いですが、朝キャバや昼キャバなど、朝・昼の営業をしているキャバクラの場合はまた客層が違いますよね。
そんな朝キャバ・昼キャバの客層は、夜勤帯で働いている人がほとんどで、夜勤で働いていた人がサラリーマンと同じように、仕事終わりにキャバクラに来る、というパターンが多いです。
朝キャバ・昼キャバは仕事内容は夜のキャバクラとほとんど違いはありませんが、客層が違うことでまた少し勝手が違います。
僕自身も朝キャバと夜キャバ、両方のボーイとして働いたことがありますが、仕事内容は同じでもやっぱりホールやお客さん、そしてキャスト(キャバ嬢)の雰囲気も結構違いました。
今回はそんな朝キャバ・昼キャバの客層や雰囲気事情についてご紹介いたします。

ホスト等ナイトワークをしている同業者のお客様

まず朝キャバ・昼キャバのお客さんとして多いのが、夜の仕事をしている同業者です。
例えばホストクラブのホストやボーイ、またバーなどで働いている人たちがお客さんとしてやってきます。
そのため水商売関連の事情を知っている人がほとんどで、その分接客のしやすさはかなり感じられました。

ボーイ未経験の方にとっても、水商売の世界に一歩足を踏み入れるために先輩にあたるボーイや経営者がたくさん訪れる朝キャバ・昼キャバはかなり勉強になります。
また、これからボーイとして働いていく上の勉強になる部分も多いので、特にボーイとして経験を積みたいという人に朝キャバ・昼キャバのボーイはおすすめです!

ですが真面目にボーイとして仕事をすることは絶対条件!
中には正社員のボーイや、キャバクラ、ホストクラブの経営陣も訪れており、そうした方たちはボーイの動きもしっかりチェックしています。

ご年配の方や富裕層、観光ついでのお客様

最近多いのがご年配のお客さんですね。
富裕層やご年配の方、そして観光客の人たちは、朝キャバ・昼キャバにとっても大事な客層です。
特にキャバクラの文化は日本独特のようで、外国人観光客からも人気が高まっています。やっぱり珍しいみたいですね。

このご年配、特に富裕層のお客さんは身も蓋もない話をするとお金を持っている方も多く、定年後の昼間の時間を持て余していることからよく来店され、気に入られると頻繁に通われることも多いです。
そのため朝キャバ・昼キャバに訪れるお客さんの中でも顔なじみになりやすく、ボーイとしても接客しやすい客層のひとつです。
中にはボーイの対応を気に入って常連になる年配のお客さんも!
キャスト目当てというよりボーイの接客も含めて、朝キャバ・昼キャバの雰囲気を気に入って通われる人もいるのが特徴です。

夜の飲みからの勢いで来る酔っ払いのお客様

中には夜の飲み会から勢いで来た酔っ払いのお客さんもいます!
夜は普通の居酒屋で飲んで、何件もはしごした結果朝キャバが開店する時間帯になり、そのままの勢いで朝キャバに。
こうしたお客さんは土曜日に多いですね。多くのサラリーマンにとっては休日なので、夜遅くまで飲んでしまう人がよく来店しますが、実は一番気をつけなければいけないお客さんでもあります!
酔っ払っているとキャストへのボディタッチが増えたり、羽目を外してしまう人が増えてしまい、時にはボーイに絡んでくることも少なくありません。
下手に対応するとお客さんの機嫌を損ねて大声で騒ぎ始めたりという事態にもなりかねないので、丁重に扱わなければいけません。
中にはそのまま酔いつぶれてキャバクラで寝てしまうお客さんも・・・。
夜のキャバクラはもちろんですが、朝のキャバクラでボーイとして長く働いていると酔っ払いのお客さんを上手く扱うことに慣れてきますよ。

ボーイも接客のスキルは持っていないといけません

このように朝キャバ・昼キャバは夜とは違った客層の方が数多く訪れます。
夜キャバに比べると比較的接客しやすいと感じる人も多く、働きやすさを求めるなら、夜キャバよりも朝・昼キャバのボーイを勤めるのもおすすめです!

お客さんがキャバクラに訪れた時、まず最初に接客を行うのはボーイです。
なのでボーイの対応はお店の信頼感を高めるとても重要なポイントでもあります。
売上やキャバクラの主軸となるのはキャストですが、だからと言ってボーイが適当なお店は常連客も付きにくいですし、優秀なボーイになるためには少なからず接客技術やコミュニケーション能力、そして嫌な客の上手にあしらう技術も必要になってきます。
それは朝キャバ・昼キャバでも同じことで、ボーイとして働いていきたい方は、それらの技術を少しずつ身につけて行きましょう!

和成