気になる朝キャバ・昼キャバボーイの給料教えます!

朝キャバ昼キャバボーイの給料事情とは?

仕事を選ぶ上で気になるのは給料事情。
白状すると僕も高校卒業後すぐにボーイの世界に飛び込みましたが、正直最初は時給が良かったことが理由でした。
朝キャバや昼キャバは夜のキャバクラと業務内容はほぼ同じですが、勤務時間が違う事で給料も違います。
キャバクラはその特殊な業務内容はもちろんですが、夜の遅い時間帯に働くということも給料が高くなる理由だからです。

実際夜のキャバクラのボーイの仕事は最初の時給で見るとだいたい1,200円〜1,500円が相場です。
対する朝・昼のキャバクラの時給はおよそ1,200円程度と悪くはないですが、夜に比べると少し低めが多いです。
時間帯はもちろんですが、キャバクラは夜が一番の盛り上がりを見せるので、朝や昼のキャバクラはお客さんの数も少なめ。
正直時給を下げないと採算が取れないというのもありますね。
けれど裏を返せば、それだけ仕事量が少なめであるということ。
最初の内は朝キャバや昼キャバでボーイとしての経験を積みながら悪くない給料ももらえるなら、多少収入が抑えめでも朝キャバ・昼キャバボーイのメリットは断然あります!

バイトボーイは時給制のところが多いです!

キャバクラのボーイの求人を見ていて感じた方も多いかもしれませんが、バイトのボーイは時給制がほとんどです。
先ほど触れたようにバイトのボーイの時給はもちろんエリアや業務内容、店の規模などにも左右されますが、1,200円〜1,500円程度が今は多いようです。
一般的な昼のアルバイトの中にはこれくらいの時給を稼ぐことができるものもありますが、初めてのアルバイトで選びがちなコンビニや飲食店などと比べると、多少時給が優遇されていることは魅力的ですね!

社員ボーイは初任給30万円以上から!

キャバクラのボーイにはアルバイトと社員の2種類の求人があり、ナイトワークの求人サイトの中には表に並べて社員ボーイとバイトボーイの給与が書かれている場合も多いですよね。
そんな社員のボーイの初任給は30万円以上からのところが多く、ボーイの仕事を生業としたいと考えている人にとっては社員もとても魅力的です。
ですが、社員になるためにはボーイとしての経験を積んでからにした方が良いでしょう。
ボーイの仕事はなかなかハードな面もあるので、合っていない場合は本当に嫌になってしまう人も多く、人員の入れ替わりも多い世界です。
ただ、社員になるメリットは収入だけではなく、その後の出世や福利厚生、仕事や収入の安定性などが挙げられます。
正規雇用ですから、その辺りは昼間のサラリーマンと大きな違いはありません。勤務時間帯や業務内容が違うだけです。

幹部候補になるのは大変だけどその分給料も弾む!?

そして、キャバクラのボーイの求人を見た時に「幹部候補」という言葉を目にしたことはありませんか?
幹部候補とはボーイとしての基本業務だけでなく、キャバクラの店舗経営やボーイやキャスト(キャバ嬢)を含めた従業員の管理なども行います。
キャバクラの中でもかなり高い役職で、仕事内容が膨大になる上責任も大きな仕事ではありますが、その分やりがいや給料は段違いです。

幹部候補の月収は40万円を越えるところがほとんどです!バイトボーイを頑張って経験を積んだ人がなることができる役職だからこそ、それに見合った給料をもらうことができます。
僕自身も2年前から都内某所のキャバクラの幹部候補をしています。
キャバクラのボーイを18年勤め上げた実績が認められて、ようやくこの役職に就くことができました。
キャバクラのボーイを生業としている人にとっては、幹部候補はひとつの到達点でもあります。
責任重大で大変ではありますが、その分やりがいもあってとても充実してますよ!

キャバクラのボーイの給料事情は様々で、社員や幹部候補などになることでその給料は跳ね上がります。
朝キャバや昼キャバにももちろん社員募集や幹部候補がいます。
働く上で、その業務内容はもちろん給料はとても重要です!
ボーイとして働きたいと思っている方は、給料についても参考にしてみてください!

和成