朝キャバ昼キャバのボーイでも出世は出来るのか?

朝キャバ昼キャバボーイの出世の道は獣道?

ボーイの世界も下克上。アルバイト感覚で入ることができる道ではあるけれど、社員ボーイを生業として生きていきたいという人にとっては、出世できるかどうかは気になるところですよね。
ボーイは出世できるかと問われると、「できるけれど平坦な道じゃない」です!
ボーイの世界に年功序列なんて言葉はなくて、ボーイとしての実力が認められた者しか、正社員登用、ひいては幹部候補まで上り詰めることはとても難しい世界でもあります。
「努力は報われる」という言葉がありますが、水商売の世界はどんな仕事も結果が全て。売上が出ていないと意味がありません。
ボーイに関しても頑張ることは大切ですけど、結果を出した人が認められる世界なので、出世はできるけれど簡単な話ではありません。
これは朝キャバ、昼キャバのボーイでも同じで、特に経営が難しい朝・昼キャバはもっと数字に厳しい世界だと言えますね。
ですが、だからと言って諦めてはいけません。
逆に言えば実力が認められればスピード出世だって夢じゃない世界なんですよ。

ボーイとして出世できる人と出来ない人の違いとは?

ちなみに僕は18歳でバイトボーイとして働き始めて、21歳の時に初めて正社員ボーイになりました。
そしてそこから幹部候補になったのは36歳・・・頑張ってきた甲斐あって今はやっと幹部候補です。
出世できる人がどんな人かというと、とにかく頑張る人です。
何事にもがむしゃらで一生懸命頑張る人は、お店からも必要な存在になり自然と認められて、出世していくことでしょう!
頑張っている姿を見せること、真剣な姿勢を見せることで店長やマネージャーの目にも留まります。
逆に出世できない人の特徴は、途中で諦めてしまう人。
ボーイは結構ハードな仕事でもありますが、その仕事内容が嫌になって、けれど他にも仕事がなくて嫌々続けているような人は出世もできません。
長く続けること、仕事に真剣に取り組むことはやっぱりどの世界だろうと大切なことですね。
ただ目の前のことを頑張るのではなく、真剣に「どうすればお客さんに喜んでもらえるのか」「どうすれば売上が上がるのか」を考えながら動くことができると、もっと優秀なボーイとして早く認められることになりますよ!

お店の店長やマネージャーを良く知ろう

お店の店長やマネージャーのことをよく知ることもとても重要です!
結局のところ、ボーイを出世させるかどうかを決めるのはその働きを近くで見ている店長やマネージャー、いわゆるお店の経営陣です。
店長やマネージャーがどんなボーイを欲しがっているのか、有り体に言えばどんなボーイが気に入られるのかをよく知ることで、出世への道が大きく開けます。
働きたての時は気に入られるボーイがどんな人かわからないですよね。
ですが僕自身昇進させたいと思うのは、周りをよく見て動くことができるボーイです。
ほとんどの店長やマネージャーと呼ばれる人も、そうしたボーイを必要としている傾向が強いです。

ボーイの仕事の中心は、キャスト(キャバ嬢)に気持ちよく仕事をしてもらって、お客さんに少しでも長くキャバクラで遊んでもらうことです。
その上でお客さんが何を欲しているのか、テーブルが汚れてはいないか、いつでも気を配ってすぐに動くことができるボーイは多くのキャバクラで重宝されます。
周りに気を配れるかどうかは、そのボーイがどれだけ真剣に仕事に取り組んでいるかが大きく影響します。
だからこそ、とにかく頑張って働くボーイは出世への道も開けるんですね。

挫けなければスピード出世も夢じゃない!

ボーイの仕事は道半ばで挫けなければ、出世することも夢ではありません!
キャバクラ黒服大辞典に書かれているように、最速で幹部候補や人気店の経営者まで漕ぎ着けたボーイもたくさんいます。

周りへの気配りができるか、お客さんやキャストに喜んでもらえるかは結局のところボーイとしての経験値を積まないとできないことでもあります。
だからこそとにかく自分にできる仕事から頑張って、ボーイとしての経験を積んで行かないことには出世することもできません。

ボーイの仕事が気になっている方は、勇気を出してボーイとして働き始めて、がむしゃらに頑張っていってください!
僕はそんな新人ボーイたちを応援しています!

和成