朝キャバ昼キャバのボーイってどんな人?キャバボーイの人柄教えます

ボーイをやる人ってどんな人?朝キャバ昼キャバボーイの人柄とは

ボーイって、どんな人が向いているかわかりますか?
特にボーイの仕事が気になっている人にとっては気になるところではありますよね。
キャバクラのボーイの仕事は主にお客さんへの対応と掃除などの雑務、そしてキャスト(キャバ嬢)の管理が中心で、そこに朝・昼・夜で業務内容の大きな違いはありません。
特に朝キャバ・昼キャバで働く人に多い人柄とはどのようなタイプなのでしょうか?
朝キャバ・昼キャバのボーイに向いている人といない人の特徴についても詳しくご紹介いたします。

学歴職歴は無いけれど頭が良いタイプ

「ボーイは学歴不問だし誰でも出来る」そうなめてかかると痛い目に遭います。
ボーイって、実はとても頭を使う職業で、確かに学歴や職歴は問われませんが、頭が良いタイプの人の方が向いている傾向は強いです!
周りにいませんか?勉強はできないけれど頭は良いという人。言わば、要領が良い人がそれに当てはまるかもしれません。

ボーイをやる上で、細かな仕事にしっかりと優先順位をつけてテキパキとこなすことができる能力がとても大切で、ひとつの仕事に集中するというよりは、細かな仕事をオールマイティにさっと出来てしまう人の方がキャバクラのボーイに向いています。
夜キャバや規模の大きいキャバクラの場合は、ひとつのテーブルやエリアをひとりのボーイが担当するという場合もありますが、朝・昼キャバの場合特にボーイの人員は少なめで、より広い範囲を対応することになります。
そのため広い範囲に目を配って、瞬時にしなければいけないことを把握して動くことができる頭の良さと、周りを見る力がある人はかなりボーイに向いています。
これができれば、スピード出世することも夢ではありません!

お金無く高時給で働きたいタイプ

けれど、頭が良いだけでのし上がることができる世界でもありません。
どんな仕事や業種であれ、仕事に真剣に向き合って頑張っていけるタイプの人はボーイとしての技能も格段に上がっていきます。
特に他の職種に比べて、ボーイの仕事の時給や給料は朝・昼であっても平均より高めに設定されていて、朝キャバ・昼キャバの場合も日払いOKなところも多いです。
なのでその給料目当てであっても仕事に真剣になれる人は、ボーイとして重宝されますし仕事にも向いています!
特にキャバクラ店の場合は、日払い制度はもちろんのこと寮完備や生活支援制度など、働きたい人の生活までしっかりサポートしてくれる福利厚生が良いところもあるので、お金がなくて困っている人でも働きやすいですね。
ただし、このタイプは目的の金額を稼ぐことができればすぐに辞めてしまう傾向にもあることが特徴として挙げられます。

女の子にモテたいと思ってボーイを始めたタイプ

キャバクラでボーイとして働く上で、キャストとの関係は切っても切り離せません。
嫌でも毎日顔を合わせることになりますので、キャストと仲良くなることやキャストの管理もボーイの仕事のひとつです!
キャストをうまく扱えるようになることで、プライベートでの女性に対する扱いもうまくなり、結果的に女性と仲良くなれるようになります。
中には綺麗なキャバ嬢とお近づきになるためにという下心があってキャバクラで働き始める人もいるかもしれませんが、逆にそんな人はキャバクラのボーイには向いていません。
キャバクラではキャストとボーイの恋愛を禁止していることがほとんどで、付き合っていることがバレたら罰金を設けているところがほとんど。
友達くらいまでで止めておくのが大前提ではありますね。

まとめ

以上の3つがキャバクラボーイの人柄に多いタイプです!
ボーイの仕事はハードではありますが、それでもやりがいは多く、そこで得られる技術や能力はボーイの仕事以外でも活かすことができます。

正直、ボーイの仕事は辛いこともあれば楽しいこともあります。
ですが、それらに真剣に取り組むことで、やがて正社員や幹部候補などへの出世を望むこともできますし、収入アップを狙うことも可能ですよ!

和成