辛い事だけじゃない!?朝キャバ昼キャバボーイは楽しいこともある!

辛いと思われがちなボーイの仕事の楽しい瞬間とは?

ボーイはキャスト(キャバ嬢)からも当たりが強く、お客さんからも疎まれがちなハードで目立たない仕事・・・そんなイメージが強いかもしれません。
確かにボーイの仕事には辛いところもありますが、中には楽しい瞬間だってあるんです。
そんな瞬間があるからこそ、僕もボーイとして20年働くことができています。今はボーイの道を選んだことに後悔なんて一切ありません!
この記事ではそんなボーイの仕事が楽しいと思える瞬間についてご紹介いたします。

お客さんやキャストの面白い話を人に出来る

キャバクラにはいろいろなお客さんが来店されます。そこには自分が生きていて到底関わることができなかったような珍しい職種の人も。
そんなお客さんやキャストたちの面白い話を間近で聞くことができるのがボーイです。
自分の友達や同業者の知り合いとその面白い話で盛り上がることができるので、話のネタには困りません!
もちろんお客さんの個人情報を流すことは水商売の世界ではタブーなので、「あの芸能人が来た!」など個人情報を垂れ流すようなことは厳禁ですよ!

また、ハードな仕事だからこそ、一緒に働くボーイ仲間とは仲良くなりやすいです。
僕も同業者の友達は多く、今でもプライベートで飲みに行くことだってあります。正直、同じ仕事をしているからこそめちゃくちゃ気が合って話が通じやすいです。
もちろん全部のお店がそうとは限りませんが・・・。

忙しいがゆえに達成した時の喜びが大きい!

水商売の世界は結果がすべて。売上が伸びるとやっぱり嬉しくて、ノルマ達成の時なんかはお店で働くボーイ・キャストみんな大喜びです。
営業が終了して、ノルマ達成を知らされた瞬間の喜びを分かち合う一体感はすごいですよ。
中にはそのままキャバクラのお店の中で宴会状態になるところもありました。タダで飲み会なのでお酒好きな僕としては大歓迎でした。

特にキャバクラは季節ごとにイベントを開催していることも多く、そんな時期はやっぱりお客さんもたくさん来て忙しいです。
営業中はあちこち歩き回ってお酒を作ってテーブルを片付けてトイレ確認をして・・・とにかく営業時間中はてんやわんやでした。多分見た目ではわからないでしょうけど。
けれど、そんな忙しい時期も乗り切って、ノルマも達成したその瞬間は「頑張ってよかった!」と思えるひとつの瞬間でもあります。
ノルマ達成した時のあの一体感を一度経験すると、次も頑張ろう!という気持ちになります。

キャストとは常に同じ空間にいるため女の子の扱いが上手くなる!

キャストとボーイは営業前も営業中もほとんど同じ空間にいます。
やっぱり売上に直結するのはキャストの接客技術です。
なのでキャストの管理、つまりキャストのやる気やテンションを上げることもボーイの仕事のひとつなのですが、それに慣れると女の子の扱いは格段に上手くなります(笑)
キャストの中にはボーイに対しては雑な態度、召使いのように横暴に振舞う人もいます。
ですが接客中は態度が一変。その現実を間近で見ることになるので、女の子の素を見ている気分になるんですよね。
それが良いと思うか悪いと思うかはその人次第ですが、素の女の子に対応することに慣れることは、やっぱりプライベートでもめちゃくちゃ役に立っています。

もちろん中にはボーイにも対応が柔らかい人もいて、特に朝キャバ・昼キャバだとその傾向が強いです。
特に主婦や学生などのキャバ嬢1本で生きていこうと思っている人が少ないので、もちろん全員ではないですけどそれだけ対応も柔らかめな人が多いです。
そういう人を見ると、やっぱり「おっ!」と思うんですけど、キャバクラはキャストとボーイの恋愛禁止。気を強く持つ必要があります。

このようにキャバクラのボーイは辛いこともあれど、楽しいことだってたくさんあります。
それは朝・昼のキャバクラも同じことで、厳しい世界でもありますが、綺麗なホールで黒服として働くことはやりがいもありますし僕自身結構この仕事を気に入っています。
キャバクラのボーイに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください!

和成